プロフィール

アンティ アンティ 青山本店
住所 〒107-0062
    東京都港区南青山4-25-14
TEL 03-5464-0930
URL http://www.antianti.com
営業時間 11:00〜19:00
定休日 水曜日・日曜日

Message
青山本店の日常やお得な情報などを
不定期で更新していきたいと思います。

最近の記事

季節のおすすめ精油
季節のおすすめ精油
8月はラベンダーです。
(更新2013.8.28)


2016年10月アーカイブ

 

 

気温が下がって急激に空気が乾燥し、

お肌でも秋を実感する今日この頃。

 

突然のことに肌もビックリして、

バランスを取れずにいる感じ。

しかもなんだか今年は特に乾燥が激しい気が。。。(>_<)

 

 

 

 

突然の乾燥に焦りますが、

本格的な乾燥シーズンの冬も控えているので、

ここでガッツリ過保護にしすぎるとあとがもちません。

 

お肌と相談しながら、

ゆっくりとした保湿ケアを取り入れて行きましょう。

 

お肌の乾燥度合いによって、

組み合わせを替えて調整していくのがオススメです。

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

肌タイプによっての組み合わせ例

 

・部分的に乾燥する方

 

_DSC6523.JPG

 















バブルアクア→乾燥する部分にオーガニックローズクリーム

 

 

 

・吹き出物が出やすい方

 

_DSC6524.JPG

 
















バブルアクアオーガニックローズスキンオイル

 

 

 

・全体的に乾燥しやすい方

 

_DSC6525.JPG

 
















バブルアクアローズコントローラーホワイトニング

or バブルアクアローズローズクリーム

※乾燥しやすい目元口元などに、

部分的にローズオイルを足すのもOK

 

 

 

・それでも乾燥する方は、

 

_DSC6526.JPG

 
















バブルアクアローズコントローラーホワイトニングorローズローズクリームオーガニックローズスキンオイル

 

 

 

 

プラス、週に一度程度、

コットンパックで集中的に水分補給するのもいいです。

 

 

 

また、バランスを崩しやすく代謝が落ちて

お肌のターンオーバーが乱れやすくもなります。

 

そんなときは、⇒オーガニックローズバタークレンジングマッサージでターンオーバーを促し、

血流を良くすることで肌のトーンもUP

 

10252022_4ea69bfe5c851.jpg

 

 

 

 











あとオススメなのが、

飲むローズ、⇒ピュアローズウォーターコンクのこんな活用法。

 

ピュアローズウォーターコンク 30ml(飲むローズ)(数量限定)P5倍!

 




あたたかい飲み物に入れてほっこり香りを楽しむのもいいですが、

“ローズスチーム”も最高ですよ!

洗面オケ(コップでも)にお湯を張ったところに、

お好みの量数滴たらして。

さらに、頭からタオルをかぶると、“ローズ蒸し”に(≧∇≦)

(ただしあまり熱いお湯だと火傷しますので、適度な温度で。)

芳醇なバラの香りに包み込まれて心もお肌もハッピーに♪

 

 

水筒に白湯を入れて、そこに数滴入れてしっかりフタをする。

フタを開けるだけで、外出先でも簡易スチームを浴びることができますョ。

お仕事中の水分補給とリフレッシュを兼ねて、一石二鳥。

ローズの香り付スチームでリラックス&リフレッシュ♪

 

ぜひお試し下さい(*^_^*)


_DSC6592.JPG

 

 

 

 

 













上記の肌タイプ別のオススメケアは、あくまで参考です。

だいたいの肌タイプは分かれたとしても、

その時の体調などによりお肌は変化するものです。

毎日お肌と対話しながら、微調整して下さいね(^-^)

 

 

何を選んだらいいかお悩みの方は、

秋のお散歩ついでに、ぜひ青山店にお立ち寄り下さい。

お一人お一人に合うものをチョイスするお手伝いをさせていただきます。

 

あなたのお肌と心にそっと寄り添う、

そんなスキンケアをアンティアンティは目指しています(o^^o)






 


いよいよ明日から一般発売となります、

マコット第一弾は、

 

 

パープルローズオットー

 

 

macott parfum2.JPG

 

 













大好評ですぐに完売してしまった、“ピンクローズオットー”を、

さらに濃厚にし色気を足したような感じ。

 

ローズ好きにはたまらない一品に仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

〜パープルローズオットーの誘惑〜

 

 

ローズにしかけられた、“魅惑のマジック”。

 

 


濃厚で

 

脳に響き渡るような

 

本能を突き動かす香りに

 

酔いしれる。


 

 

トップは、

眠っていた潜在意識まで目覚めさせるような

鮮烈なバジルのグリーン。

 

新鮮な柑橘系の果物と、植物の茎を足したような香り。

ユニセックスな印象。

 

どことなく、白檀のような品の良さも含み、

グッと心を掴まれる感じ。

 

 

 

そして濃厚なローズが、

漂う霧のように次第に混ざり合い、

いつの間にか深いローズの香りに包みこまれてる。

 

知らない間にローズのマジックにかけられ

支配されているかのように。

 

 

 

 

ローズのマジックは強力で

抜け出そうとしたとしてもなかなか抜け出せない。

 

いつまでもその酔いしれる感覚に浸っていたい。

 

目覚めの時はそのうち来るけど、

その心地よさに身を委ねて

もうしばらく酔いしれていたい。。。

 

 

 

 

 

 

目を閉じると、こんな情景が浮かんでくる…

 

 

 

 


“どことなく怪しげで妖艶な

パリの夜。

 

ロウソクの揺らめく中に現れる

深い真紅のベルベットドレスに身を包んだ美しい女性。

 

 

 

彼女が手にしているのは

薄紫のベールに包まれた、ピンク紫のバラの花。

 

特別な舞踏会に招待されたのだ。

 


_DSC6543.JPG

 



 

 











舞踏会で彼女が舞う優美なダンス。

 

彼女が舞うと

細かいゴールデン色のパウダーがふわっと漂い、

その情景はまさに夢心地。

 

 

その美しい姿と

媚薬のようなローズのかぐわしい香りに

たちまち周囲は魅了され、誰もが虜になってしまう。

 

 

 

 

彼女が姿を消したあとも

波紋のように漂う残り香。

まるで夢のあと

だけど確かに香りはその存在を深く記憶に刻み込み

夢から醒めるのを嫌がる子供のような気分にさせるのだ。”

 

 

 

 

 

 

少し濃いめのピンクがかった紫から淡い紫へ。

奥にホワイトローズのような

スマートさと品の良さを秘めて。

そしてどことなくオリエンタル。

 

 

高貴で品があるが、危うさも秘めた色気を感じる

手が届きそうで届かない

そんな大人の女性をイメージさせる香り。

 

 

 

 

眠っていたなにかを目覚めさせる

濃厚で魅惑的な香り。

 

 

 

 

さぁ、香りの旅をお愉しみください。

 

Bon voyage!

 

 

_DSC6569.JPG

 

 















オンラインストア

 

 

********************

MACOTT

Organic Parfum

Purple Rose Otto

30ml35,000円(税別) 

********************




 

秋晴れでカラッと爽やかで過ごしやすい日が多く、

木々も色づきはじめ、

お出かけしたくなる季節ですね♪(^^)

 

 

IMG_1908.jpg

 

 































でも油断できないこの時期の紫外線。

 

 

秋はピカッと晴れた日の紫外線と、

それを遮るもののないカラッと澄んだ乾燥した空気で、

実は一年の中でも紫外線の影響を受けやすいのです(>_<)

 

 

 

 

おまけに、夏に受けた紫外線の影響も出やすい季節なんです。

 

それは、夏の“肌疲れ”。

夏はレジャーなど外での活動が多くなるので、

肌の新陳代謝が滞り、ターンオーバーの周期が乱れ、

メラニンの排出が上手にいかなくなってしまいがち。

ターンオーバーが遅くなると、

そのメラニン色素が肌に沈着してくすみが生じます。

代謝が活発であれば、

ターンオーバーのサイクルに伴って余分なメラニン色素を一掃できますが、

ターンオーバーが乱れると、

メラニン色素を含む細胞がなかなか排出されないのです。

 

こうして夏に作られたメラニンが、

ターンオーバーの乱れなどから排出されずに蓄積してしまうと、

シミやくすみに繋がってしまうのです(u_u)

 

 

 

夏にしっかりUVケアを行ってシミにならなかったとしても、

紫外線の影響は肌内部に残っているもの。

春夏の紫外線ダメージによる肌内部のメラニン生成を

再び活性化させないようにすることが重要です。

 

メラニンは作り出されて排出されるまでに“時間差”があり、

ターンオーバーによって表面に上がってくるまでに、

11.5ヶ月の期間がかかります。

それがちょうど今のこの時期なのです。

 

 

 

 

だから今こそ、美白ケアを取り入れることが必要なのです(^-^)/

夏の肌疲れを持ち越さず、健康的なターンオーバーを促して、

これ以上シミやくすみを作らないようにするためには、

今の時期に集中的に美白ケアをすることが大切なんですね。

 

 

 

つまり、

秋こそ美白アイテムが必要で、

手ごたえを感じられやすい時季なのです』。

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

昼は、⇒UVコントローラージェルで、

油断しがちな、まだ強い秋の紫外線を防ぎましょう。

 

UVコントロールジェル 30ml(紫外線ケアの定番)



 

スーパーナチュラルな日焼け止めジェル。

日焼け止めながら美容液という優れもの。

希少な天然のシルクパウダーで光を跳ね返します。

それにより、ライティング効果のようにお肌が明るく見える作用もo(^^)o

 

カモミールがメラニンの生成を抑制、分解。

 

お肌に乗せた瞬間、ジェルがスーッと水に変わり、

仕上がりはサラッともっちりする感じ。

 

爽やかでジューシーな香りがクセになります♪

 

⇒こちらもご参考に。詳しい商品説明ブログ

 

 

 

 

夜は、⇒ローズコントローラーホワイトニングで集中美白ケア。

 


ローズコントローラーホワイトニング 30ml(夏のケアの定番!)



 

美白ケアの定番、ローズが明るい肌へと導きます。

古代から傷の手当に使われたり、漢方でも有名な紫根が、

夏疲れ肌のダメージを癒すように修復。

カモミールがメラニンの生成を抑制し、分解。

上質な水分をたっぷり含んだジェルが、同時にしっかり水分補給。

 

テクスチャーはさっぱりしっとりです。

 

香りで選ばれる方が多いぐらい、

香りも最高なんですよ♪(*^^*)

お顔になじませてる間に、ふわぁ〜っとフレッシュなお花の香りが漂い、

花束に顔をうずめてるような感覚に陥ります(≧∇≦)

クンクンして幸せを感じちゃいます。

 

⇒こちらもご参考に。詳しい商品説明ブログ

 

 

 

 

 

植物のエキスが贅沢にたっぷり配合された美容液で、

しっかり水分と栄養補給。

 

植物たちのパワーと癒しで、

秋の乾燥からの保護と、

昼は紫外線からお肌を守り、

夜は夏の疲れと昼受けたダメージの修復をしていきましょう(^o^)/

 

 

さぁ、しっかり肌対策をして、

お出かけの楽しい秋を満喫しましょ♪

 

IMG_6265.jpg




























みなさま、こんにちは

今週のお花をご紹介させていただきます。

 


_DSC6515.JPG
















もうそろそろ夏とはさよなら〜と思っておりますが

「夏服はまだしまわない方がよさそうです」

と天気予報のお姉さんが言っておりました。(+_+)

 

そんな中最近はお客様のお洋服も秋の装いに。

今週のお花もシックな秋色です(´▽`*)



_DSC6503.JPG




 











_DSC6509.JPG














_DSC6507.JPG















_DSC6510.JPG



























とても温かみのあるお花さんたち、、

温かい紅茶を飲んで焼き芋を食べたい気分です!

  

最近急に空気が乾燥してきたせいか風邪も流行っているそうです。

皆様もくれぐれもご自愛下さいませ。

 






出るよ、出るよ、

と思わせぶりに予告しておきながらも、

ひっぱっているかのようになかなかお目見えしなかった

アンティアンティの新しい香水ブランドが、

やっとこさみなさまにお披露目です\(^o^)

 

 

 

大変長らくお待たせいたしましたm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

その名も、

 

 

 

MACOTT PARFUMS

 

 

 

 

macott _purple-thumb-380x474.jpg

 

 

 



















調香師がオーガニックローズに魅せられ恋に落ちてから、

研究を重ねて進化し続け、

30年のものづくりの集大成とも言える新たな香水ブランドが誕生しました。

 

 

 

 

 

その時に出会えた最高の香料たちと、

調香師のセンスと長年培ってきた技術によって創り上げられる、

この世に同じ香りは二度と出ない、

“なくなり御免”の香水たちです。

 

 

 

 

 

自然のパワーを閉じ込めた、

天然100%正真正銘ほんものの香水。

天然だからこそ、人の生き物としての本能を突き動かし、

心に響き渡ります。

 

 

 

柔らかく優しい、

気持ちに自然とスッと入ってくる香り。

 

心を満たす本物の香り。。。

 

 

 

 

IMG_8144.jpg

 

 

 

 












アンティアンティの香水は、

その時にしか出会うことのできない、

“一期一会の香水”。

 

 

出会いの香水。

 

 

 

 

同じ処方で作ったとしても、

全く同じ香りにはなりません。

 

なぜなら、天然香料は同じ品種でも

育った場所や気候の影響で香りが異なるので、

その時に仕込んだそのロットでしか同じ香りには出会えないのです。

 

 

 

 

img_main_04.jpg

 





人間探知機の調香師によって厳選された、最高にいい香りの香料だけを、

長年の研究に基づいて培われた職人の技術と勘と独自のセンスで、

調香師が一人でブレンドします。

 

 

しかし香料をブレンドしただけでは

ほんものの香水にはなりません。

 

 

 

 

ここでひと手間。

 

 

 

 

アンティアンティの香水の最大の特徴でもある、

“熟成”にかけます。

 

 

 

 

 

一つ屋根の下同居することになった香料たちは、

はじめは人見知りしたり個々の個性を主張してなかなかまとまりません。

 

 

しかしそれは、時間が解決してくれます。

 

 

時間とともに徐々に打ち解け混ざり合った香料たちは、

個々の個性や役割を引き立て合いながら、

手をつないで仲良く一致団結してまとまりをもちます。

 

 

それを適切な管理をしながら見守り、待ちます。

 

焦らず、ゆっくりじっくりと。

 

 

 

 

 

こうしてワインのように時間と手間をかけて、

熟成期間を経てまとまった香料たちは、

ここではじめてひとつの家族、“香水”になるのです。

 

 

 

BlueViolet2_image x800-thumb-400x266 (1).jpg

 

 

 

 












調香師の鼻による最終チェックでGOが出た香水は、

キラキラのオブジェのようなボトルに詰められ、

いったん息吹を封じ込められます。

 

 

たからものを扱うように丁寧に丁寧に、

すべて手作業で一貫して富山のラボで最後の箱詰めまで行います。

 

ひとつひとつ大切に我が子のように慈しみながら、

丹精込めてすべて手作業で作り上げ、

さまざまな想いを乗せて、みなさまのもとへと送り出されます。

 

 

 

 

そうしてみなさまの手に渡った香水は、

それぞれの置かれた環境でさらに追熟し、

世界にたった一つの香水に育っていくのです。

 

 

 

大量生産にはない、“個性を持った香水”。

 

 

それこそが天然香水の魅力なのです。

 

 

 

 

2014rose_garden12 2-thumb-400x266.jpg

 

 

 

 













熟成するということは、“生きている”証。

アンティアンティの香水は生きています。

みなさまの手に渡ったあとも、

生き続けます。

 

 

 

繊細でフレッシュな

世界にここだけにしかない香り。

生きた香りだからこそ、心に響くのです。

 

 

 

 

フゥッと吸い込んだ瞬間に広がる香りのイマジネーション。

それは自然と対話する大切な、貴重な、

“プレシャスタイム”。

秘密にしたい自分だけの時間。

 

 

 

 

キラキラ宝石のような香水瓶の蓋を開ければ、

花の精たちは息を吹き返し、踊りはじめます。

 

 

そこは香りのワンダーランド。

香りの夢の世界へとあなたをいざないます。

 

 

ふわっと香り、つぎつぎと表情を変え、

そして儚く消える。。。

 

 

天然の香りのマジックショーをどうぞお楽しみください。

 

 

 

 

ひと嗅ぎしたら、

自然にしか作り出すことのできない香りの品格に、

きっとあなたは虜になってしまう

ことでしょう。

心と脳が感じる、感性を呼び覚ます香水。

 

 

まるでつぼみから花びらが一枚ずつ開いていくかのような

穏やかな香りの変化をじっくりとご堪能ください。

 

 

 

 

持つ人の個性まで引き出すような

不思議な魅力をもった香水。

一緒に成熟していくことの愉しみ。

円熟して、まろやかに。

 

 

 

 

素敵な幸運の出会いが重なって紡ぎ出される、

最高の香りの芸術品。

 

違いのわかるあなたに。

 

あなたと溶け合って、あなただけの香りになる。

 

 

 

自己主張としての香りではなく、

自然と周りに溶け込みつつも、

ハッと忘れられない存在感。

ふと思いだすような、記憶に残る香り。

 

そして、周りの人をも癒すような、

水の輪のように香りの輪は広がっていきます。

 

ひたむきにひっそりと咲いて、誰かの心を癒すかのような。

偉大な自然からいただいた、ご褒美。

 

“香りは、花々からのラブレター”

 

 

 

 

オーガニック、天然のその先へ。

アンティアンティの香水は、

進化し続けます。

 

どうぞご期待ください。

 

 

 

Lets fallin love with MACOTT PARFUMS

 

 

_DSC6432.JPG

 

 














ボトルはいままでのパルファム瓶をひとまわり大きくした、30mlです。

 

これから、出来上がったものから

一種類ずつ披露していきます。

 

出会いを楽しみにしていて下さいね。

出会いも生き物ですから。

 

 

10月末より富山店、青山店、オンラインストアにて発売予定です。

詳しくは追ってご報告致します!

 

 

_DSC6354.JPG


















 

 

新商品⇒シェイクバブルイーアクア

略して『バブルアクア』で迎えた始めての夏。

 

 

そして、季節は秋へとシフトチェンジ。

 

 

 

 

夏からバブルアクアを使い続けたスタッフたちのお肌の状態と、

季節の変わり目での変化、感想をご報告致します(^o^)/

 

 

 

 

 

*******************************

 

 

 

 

40代女性】

 

今年の夏は、夜、石けんで洗顔後、

バブルアクアを顔全体に一周吹きかけるだけのケアでした。

はじめ少し突っ張る感じもありましたが、朝になるとちょうどいい感じのバランスに整い、

朝は洗顔なし、バブルアクアを軽く吹きかけ、

日差しが強い時はその上にUVジェルといった感じでした。

バブルアクアを使ってみて割とすぐ実感したのが、特に夏のベタつきのなさと、

肌のムラがなくなり均一化され、肌が調整されているような感じがしたことです。

朝顔を触ると、全体が同じ質感でサラッとしていて、水分油分のバランスが安定した感じです。

 

あと、食生活が少し乱れたりした時に吹き出物が出やすくなったのですが、出てもすぐ治ります。

これは、肌が余計なものを排出しているのだと感じました。

肌が正直になって、お知らせしてくれてる感じです。

肌が体内のバロメーターとして働いてくれていると実感し、

食べ物など気をつけようと思いましたf^_^;

 

夏から秋へと季節の変わり目を迎え、空気が冷えて乾燥しはじめましたが、

今のところまだ夏と変わらないケアを維持しています。

もっと空気が乾燥してきてお肌が変わるようなら、

まずは部分的に、美容液かオイル、

ゆくゆくはクリームを足していこうと考えています。

 

 

 

 

30代後半女性】

 

強い日差しを浴びたときに頻繁に吹きかけていたら、ヒリヒリとしたほてりを感じずに夏を乗り越えられました。

乾燥によるプツプツとした赤みが今年に入ってからなかなか消えなかったのですが、

バブルアクアで入浴後にローションパックするようになってから、まだ完全ではないですが赤みが和らいできました。

汗や皮脂で顔がベタベタになったときに、バブルアクアを顔全体に吹きかけてからティッシュオフすると

すごくさっぱりして肌がサラサラになりました

仕事中に顔を洗えないときなどよくやっていました。

 

季節の変わり目を迎え、肌が乾燥していると感じたときに頻繁にバブルアクアを仕事中でも吹きかけています。

つけた後は肌がプルンとした感じになり、肌が生き返る感じがします。

 

あと、パソコンを使っていると目元乾燥するので、目元にも吹きかけてリフレッシュしています。

仕事中に頭皮や髪も乾燥していると感じるときに、肌だけではなく髪や頭皮に吹きかけています。

私にとって「水分補給・保湿」「リフレッシュ」的な要素が強いです。

 

 

 

 

30代後半女性】

 

すっぴん美人が当たり前のアンティスタッフのはずが…

実は35歳を超えてから肌がゴワゴワするような

肌表面に何かが覆いかぶさっているような素肌感に悩まされています。

これがいわゆる「年齢肌」のサイン!?。←とうとう私にもやってきました。(TT) 

 

特に夏の紫外線を耐えた秋の肌は、一層肥厚し固くなってしまい、

くすみも目立ち吹き出物にも悩むこともしばしばです…。(≧0≦)

 

けれど、今年の秋はいつもの秋より肌の調子が良い!!

勿論、この時期は角質ケアが大切なので、丁寧な洗顔やオイルケアに気を配っていますが

併せておこなってきたバブルアクアの水分補給、酸素補給が相まって肌の柔軟性が戻ったようです。

バブルアクアのおかげで肌代謝が上がって肌の潜在力が引き出されたような気がしています。

 

話がそれますが、、、この夏のガーデニング作業で感じたことがあります。

太陽をいっぱい浴びた植物たちが、水分補給のために水を欲しますが、

実はその水やりから酸素を供給したり、水やりから土の中にあるホコリやゴミ、

不純物を洗い流す目的があって、それによって根っこの代謝を高めてる!と分かったら

バブルアクアのスキンケア法と通じると、バブルアクアの力を再確認しました。

 

 

 

 

20代前半女性】

 

私はローズオットーとバブルアクアを併用してスキンケアをしており、

ほぼ毎日上記2本を使ったローションパックをしていました。

何もしていなくても皮脂がでてくる肌質なので、

パック後に何もつけずに寝ても特に乾燥するといったことはなかったです。

お肌の調子もいい方でした。

 

今も上記のようなスキンケアを続けているのですが、やはり季節の変わり目ということもあり、

頬が乾燥して粉をふくようになりました。

Tゾーンや小鼻は変わらず皮脂がでるので、頬のみスキンオイルを使用しています。

まだはじめたばかりなのですが、変わりがないようなら、

オーガニックローズクリームも使いたいと思います。ニキビができやすいので、

基本的に美容液は使用していません。

 

 

 

 

 

20代中頃女性】

 

日に当たったあとにつけると、赤くならない、黒くならないような気がしました。

つけた瞬間に肌がぱっと明るくなるような感じ、赤みが抑えられる感じがあります。

夏は、自分の汗で肌がヒリついたりかゆくなるのですが、それがありませんでした。

 

秋を迎えても、すごく肌が安定しています。

自分の汗でかゆくなることもないし、まだ乾燥していません。

赤み、吹き出物も、かなりゆっくりですがよくなってきています。

 

 

 

 

20代前半女性】

 

夏休み、海に行き山に登りたくさん夏を楽しんだせいか、肌はやけました。

でも毎日バブルアクアを欠かさず入れ込んで、

火照りがひどい日はローションパックをしていたおかげか、

もう肌は元通りの明るさに戻った気がします。

今までは冬場まで黒さがのこっていたので、元通りになるのが早く感じました。

 

私は季節の変わり目に、絶対と言っていいほどフェイスラインの肌荒れが起きるんです。

今回もその覚悟をしていましたが・・・肌荒れせずむしろ調子がいいです。

肌の安定を実感しています。

乾燥が気になる季節でありますが、バブルアクア1本だけで済ませてしまう日もあります

 

 

 

 

20代前半女性(スタッフ友人)】

 

この夏、アンティアンティのコンセプトに魅了されて、日焼け止めを一切塗らずに過ごしていたにも関わらず、

気になるほどやけいていなくてビックリしました。

バブルアクアのお陰だと思います。

 

元々乾燥肌だったのに、気づけば気にならなくなりました。

常に水分があるお肌という感じがします。

肌荒れしたとき今までは長く続いていたのに、治りが早くなったと実感しています。

 

 

_DSC5949.JPG

 

 

 














**********************

 

 

 

 

共通しているのは、

 

・夏に日焼けしにくい、もしくは日焼けしても戻りが早い

・肌のバランスが整うことにより、乾燥・ベタつき・吹き出物が改善

 

 

以上、すべてのことに言えるのが、肌の代謝が上がって肌の水分保持力が良くなったことによって改善されたのだと思います。

使い続けることで水分と油分のバランスを整え、肌を均一に肌ムラをなくしてくれます。

うまいことバランスをとりながら、肌が持つ底力を引き出してくれる。

いうなれば、『スキンケアの交通整理役』。

一度使うと、手放せなくなりますよ〜(^^

 

 

 

バブルアクアと過ごした夏、みなさまはいかがでしたか?

引き続き、バブルアクアをよろしくお願いします。

 

 

秋→冬もリポートさせていただきますね(^^)/

 

 

_DSC6164.JPG







|

今週のお花



こんにちは


夏の間生花を飾るのはちょっとお休みしていましたが
だいぶ涼しくなってきたので久しぶり登場です♡




_DSC6465.JPG
















夏の名残と秋の始まり、
ふたつの季節が行き合うようなイメージの今週のお花たち。



_DSC6469.JPG
















赤い実とグラジオラスの鮮やかな色に、
白いユリがとても爽やかに際立っています。





_DSC6470.JPG
















ユリがパフュームのようにとても良い香りを放っていて、
まるでantiantiの「ローズリリー」を吹き付けたかのようです。




ドンヨリとした雨空や濁った空気を一新させるように、
店内は花々の生きてるエネルギーに溢れています♡

明日体育の日は曇り時々晴れのようですね。
美しい花々と共に、皆様のご来店を心よりお待ちしております。




 


⇒【洗顔はあまくない!〜その 】に引き続き、

今回は、アンティアンティのこだわりの洗顔プロダクトをご紹介いたします(^ν^)

 

 

 

_DSC6453.JPG

 

 

 














前回お話ししましたように、

シャンプーや洗顔フォームに含まれる(食器洗い洗剤にも含まれている)

洗浄成分として使用される「合成界面活性剤」は、

石油などから合成され、通常混ざらない水と油を混ぜ合せて油を落とす働きをしますが、

過剰に落としすぎてしまうので、肌内部の保湿成分まで洗い流してしまいます。

また、その特性から肌の表面を傷つけてしまいます。

 

 

洗浄成分としてより肌にやさしいのが、「石けん」です。

石けんは植物性油脂が原料で、

それ自体が“ナチュラル”な「界面活性剤」です。

油脂とアルカリからできる天然の界面活性剤。

合成界面活性剤と違って分解が早く、

肌への影響があまりないので、肌に優しくオススメです。

自然な材料から作られたシンプルな固形石けんは、

低刺激なため敏感肌や乾燥肌にお悩みの方にもおすすめです。

石けん以外の界面活性剤は、長くその性質が消えないため、

水質汚染など環境にも問題があるとされています。

 

 

石けんの特徴でもある、キュッとした使用感は、

体の汚れや皮脂、汗を流すと同時に、石けんの界面活性剤も一緒に流れるためで、

石けんの洗浄成分が残らない証でもあります。

洗浄は全て界面活性剤の働きによるものですが、

界面活性剤の中では、このアルカリ性の性質を持つ石けんのみが、洗い終わった後、肌に界面活性剤を残さない性質を持っているのです。

湯水に触れ、すすぎ洗いすることでアルカリ性は消え、

同時に界面活性剤ではなくなるからです。

このことが角質を大切にすることになり、

ターンオーバーを正常化、肌を育てていくのです。

 

 

そして、石けんには余分な成分が入っていないというのも特徴です。

洗い上がりや使用感を良くするために、潤い成分などを入れているものがありますが、

洗顔の目的はあくまで「汚れを落とすこと」。

洗顔の時点でそのような余分な成分を肌に入れてしまうと、

入浴後の化粧水などがうまくお肌に浸透してくれなくなってしまいますし、

汚れがきちんと落ち切らない可能性もあります。

 

洗浄が穏やかで肌に優しいというタイプのものは、

中途半端に皮脂や汚れが残ってしまう場合があり、

肌表面に残った皮脂や汚れを放置すると、

活性酸素を生み出して肌の老化を早めてしまう可能性もあります。

シンプルな固形石けんで皮脂汚れをしっかりと落とすことが、

毛穴の開きやシミ・シワなどのケアにもつながっていくのです。

 

 

液状の洗顔料は石けんを水などで伸ばしているので、石けん成分の割合が少なく、

固形石けんの方がコストパフォーマンスも良いとされています。

洗浄目的ではやはり石けんがオススメです。肌の活性化の意味でも。

特に、お化粧する方ほど石けんをオススメします。

 

 

固形石鹸での洗顔は、肌がつっぱる、乾燥するというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、

前にも触れたように、洗顔後につっぱるということは、

一時的にアルカリ性に肌が傾いている証拠で、

そこから肌が本来の弱酸性に戻す機能を鍛えられるのです。

本来肌が持っている皮脂の分泌を促し、

健康な肌サイクルへと導いてくれます。

 

 

また、私はたまに石けんがしみる時がありますが(特に疲れている時や生理前など)

以上のことを知ってからは、

それはその時の自分の身体が酸性に傾いているからであって、

石けんの刺激が強いからとかではなくて、むしろ肌が自分で整えようとする作用・現象なのだとわかり、

安心して使えるし、身体の調子がわかるようになりました。

逆にしみない時は、目に入っても痛くないので、

これは石けんでは驚きでした(o;;

(※ただ、これはアンティアンティの石けんで実感したことです。)

 

つまり、しみる時としみない時があるということは、

石けん自体に刺激があるわけでなく、

身体が変化しているということなのです。

石けんがきっかけになり、肌が整えようとしているのですね。

 

正式には、このような反応を科学用語で“バッファー効果”と言います。バッファー…(´・_`)

同じpH(ペーハー)を保とうとする作用です。

普通健康な肌は弱酸性に保たれているんですが、

洗顔後はアルカリ性にお肌が傾くので、それを弱酸性に戻す作用があるのだそうです。

戻そうとする力。つまり、“恒常性”。

 

肌がつっぱって落としすぎてる感覚がしても、

質の良い優れた石けんでバランスよく落ちている場合は、

しっかり肌が働いて弱酸性に戻るので、大丈夫なんです(*^_^*)

 

逆に、「合成のものは落としすぎて弱酸性に戻りきれないぐらいつっぱって乾燥を引き起こす」、

「洗い上がりが穏やかな弱酸性のものや潤い成分が入っているものは、

肌に余分なものを残し、バランスを崩させる」、

ので注意が必要です。

 

 

 

 

 

前置きが長くなりましたが、

アンティアンティのこだわりの

洗顔料シリーズをご紹介いたします(^o^)/

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

⇒【オーガニックオットーローズ&ローズウォーターソープ

 



10252034_4ea69ee1806b7.jpg





















食品基準・最高品質のオーガニック素材のみで作る究極の石けん!

一度使うともう他のは使えないかも。。(≧∇≦)

くすみや毛穴が気になる肌への"リセット”洗顔。

 

 

アンティアンティの石けんのこだわり

 

100%オーガニックの安心安全な、食べられる素材のみで作り上げること。

 

☆水できちんと洗い流せ、分解されること。

→人にも環境にも優しい。

 

☆洗ってる時、幸せを感じるいい香り。

 

☆熱を加えないで作る昔ながらの製法で、時間がかかっても品質にこだわって作り上げる。

 

 

商品説明

 

オーガニックローズが約500輪分入った贅沢な手づくり石けん☆

石けんでは稀な、USDA認証(お口に入っても安心な食品基準のオーガニック認証)をクリアしています。

 

オーガニックのオリーブオイル・ココナッツオイル・ホホバオイルと、

上質で芳醇な香りのローズウォーターをブレンドして、

12週間()熟成させて丹念につくりました ( 'Θ' )

 

キメ細かな弾力のある泡で肌をふっくらと包みこみ、

くすみの原因となる皮脂汚れや古い角質を洗いながし、素肌をリセット。

肌にいらないものだけを毎日きちんと落すことで、肌本来の姿をとりもどします。

正しいターンオーバーの実現をサポートし、

クリアでなめらかな肌へと導きます。

 

洗い上がりは"キュッ"としたさっぱりツルツルの肌に仕上げ、

 使った瞬間驚くほどくすみが抜けて、お肌がパッと明るくなるのも

この石けんならではの特徴です。

くすみが抜け、毛穴が目立ちにくくなるのは、

古くなった角質や皮脂、汚れがちゃんと落ちてる証拠。

余分な汚れをしっかり落とすことで、毛穴の収縮を促し、

肌のキメが整い、くすみが抜け、肌が明るくなるのです。

でもつっぱらないのが不思議。

 

ベースとなるオリーブオイルには、

人の皮脂に近い成分であるオレイン酸や重要な保湿成分のスクワレンなどがとっても多く含まれています。

石けんにすると素晴らしい洗浄力を発揮しながらも、

皮脂を取りすぎずに保湿しやわらかい洗い上がりにしてくれるんです。

そして、石鹸の泡立ちをよくする役割のココナッツオイル。

 

そしてとくに強調したいのは、

ベースとなる“絶妙なバランスのローズウォーター”。

ローズオイルを仕込んでから1年以上かけて濃密に熟成したもの。

なんとも贅をつくした下準備です(≧∇≦)

だからこその、まるでワインのように深みのある濃厚なローズの香り。

 

豊かなバラの香りと、

ハンドメイドならではのぽってりとした愛らしいフォルムも魅力のひとつ。。。



img10_s.jpg

















なんだか食べちゃいたくなります(^з^)

作ってる過程も、お菓子作りみたいなんですョ♪( ^ω^ )

 

 

IMG_3833.JPG

 

 

熱を使わずに材料の反応熱のみで自然に鹸化(石鹸を生み出す化学反応)させる昔ながらの製法である、

“コールドプロセス製法”が用いられています。

釜炊きの石鹸など熱を加える製法では、

フライや天ぷらをあげた時のように油脂が酸化してしまいます。

ですが、コールドプロセス製法は熱を加えないため、

原料の植物性油脂が酸化することなく、高品質のまま石けんとなるのです。

 

ただ、この昔ながらの製法は、

石けん成分を安定させたり、固めたりするのにとても手間と時間がかかるため、

一度に作れる数が限られてしまいます。

 

 

また、アンティアンティの石けんは、

水と相性が良く、とても溶けやすいので、

お風呂場に置きっぱなしにせず、洗面所などで保管し、

包丁などである程度の大きさに切って使っていただくのがオススメです。

(残りはラップにくるんでジップロックに入れて、野菜室で保管すると香りが飛びにくいです。)

この時割れないでスッと切れるのがポイント。

これって当たり前ではなくて、

ポロポロになって崩れちゃうものが多いんです。

アンティアンティの石けんが割れないのは、

成分が絶妙なバランスを保っているから。

そのためには、時間をかけてじっくりゆっくり固めて熟成させているのです。

というより、水に溶けやすく固まった状態にするには、

固まるのに時間を要するのです。

水と相性が良く溶けやすいのは、肌に残らず、分解されやすい証拠でもあります。

 

 

コストや時間や手間を省いて作る量産にはない、

じっくりゆっくり手間暇かけて作る手作りだからこそ為せる技。

ただ時間をかければいいわけでも、手作りだからいいというわけでもなく、

突き詰めると結果的に手間暇かかってしまうのです。

人の目と手で確認しながら作られて始めて、

人に馴染むものが出来上がると思います。

こればっかりは、省いたり、はしょったりできない大切な作業です。

ただ時間をかければいいというわけではありませんが、

つくづくなんでも、

文明が進化しても人の感性に響くいいものっていうのは、

どうやっても人間の手間隙かけたものだなぁと思います。

それには理由があるのだと思いますね。

 

 

保存方法:乾燥/冷暗所

 

※ハンドメイドで長期間かけてつくるため、生産数に限りがあります。

一時的に品切れする場合もございますので予めご了承ください。

 

 

 

 

 

泡で出るタイプの洗顔料もあります( ^ω^ )↓↓↓

 

⇒【オーガニックローズソープ

 

10252034_4ea69ea94fee2.jpg

 



















成分は固形石けんと同じですが、

泡にするために石けんをローズウォーターで伸ばして液体石鹸にしているので、

その分石けん成分が少なく、石けんに比べると洗浄力と作用は穏やかです。

 

泡で出るタイプは、

泡立てるのを面倒と感じる方や、

極度の乾燥敏感肌で徐々に慣れさせて行くのにオススメです。

 

 

 

 

化粧落としには…

 

⇒【オーガニックローズバタークレンジング

 


10252022_4ea69bfe5c851.jpg





















拭き取りタイプの化粧落とし。

石けん成分無配合なので、

ハンドクリームやリップなど全身の保湿にも使える優れもの(^ν^)

アンティアンティの製品の中でも、

シャンプーに次ぐベストセラーになりつつあるのがコレ(*^_^*)

たっぷり容量で用途も多岐に渡る使い勝手のよさも人気の理由♪

 

化粧品はしっかり落とす。

質の良い軽いパウダーぐらいだったら石けんだけでも落ちますが、

皮脂と混ざったりすると落ちにくくなるので、

やはりバタクレでしっかり落としましょう。

拭き取りはやさしくやさしく(u_u)

 

面倒に思う方もいるかと思いますが、

こっくりしたバームが潤いは残しつつ、

メイク汚れを吸着して一緒に連れ去ってくれるので、

拭き取りが一番適しているのです。

洗い流すタイプのメイク落としは簡単ですが、

肌に必要なものまで根こそぎ流してしまうものが多いです。

 

バタクレの名の通り、バターのようなこっくりしたバーム。

しっかり(だけど優しく)拭き取って、あとは石けんで洗い流します。

バタクレと石けんのコラボレーションによる絶妙なバランスで、

肌に必要なものは残しつつ、

余分な皮脂やメイクなどの汚れをしっかり落とし、すっきりリセット。

 

また、お化粧をしてなくても、

マッサージクリームとしてお使いいただけるので、

ターンオーバーが落ちて肌のごわつきが気になる時に使うと、

古い角質の除去を助け、肌の生まれ変わりを促します。

手順はお化粧落としとして使う時と同じです。⇒詳しい使い方

ザラザラゴワゴワを、

モチっとツルンっとした肌触りに♪

マッサージによって血行もよくなり、

肌色もワントーンUP

 

 

 

 

img14.jpg

 

 

 












アンティアンティこだわりの、

食べられる素材で出来た洗顔料たちで、

しっかりお肌をリセットし、

健やかで明るく輝く素肌を目指しましょう(^o^)/






カレンダー

July2017

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

月別アーカイブ

Our Policy Statements 私たちのルール

USDA ORGANIC

「食品基準」のオーガニック認証をクリアした、“本物”のオーガニックコスメ
日本の化粧品メーカー初、USDA(米農務省)の認証を受けています。