| | トラックバック(0)

Pink Ginger Lily香りの旅(調香師の香水手帖 )






<Pink Ginger Lily香りの旅>



暑い季節に出会う、香港の洒落た香り。

大好きな香港に行くと、街角で農家のおば様がジンジャーリリーの花を
売っていて、出会うと必ず買ってホテルに持ち帰る。


gingerlily_antianti3.jpeg
















エレガントなクリームのハーモニーは、ジャスモンの香りが骨格を作り、
フレッシュでグリーンな夏風が絶妙に混ざり合い飛んで来るよ。

次にジンジャーとネロリの白い花、オレンジフラワーが便乗して来る。

その後に遅れて便乗してくる、変わり者のチュベローズ。。。


こんなセクシーでオシャレな花なのだ。


ジンジャーリリーのオーデパルファンは完売した。

スプレーした瞬間の香りに酔いしれた。。。。とお客様が言い、
すぐ消えてなくなるから残念と宿題をいただき、MACOTTで健闘した。

香水は濃度が高いため、スプレーで使用し続けると詰まってしまう。
少量では問題ないのだが、手首でジンジャーリリーを表現するのはやはり厳しく、
私の脳は鍛えられてどんどん進化して、
香りの重さは計らなくても同じで、自動計算機がオプションで追加された。


白いジンジャーリリーをピンクに仕込んだのは、
セクシーでエレガントな花のピンク色の魅力を表現して、
清潔でオシャレな可愛いさを強調したのだよ。


清潔さのItalian BergamotとOrange Flower、Neroliから始まり、
Violet Leaf、Jasmine Egypt、Jasmine Sambac、Gingerに、Tuberoseが便乗した。


MACOTTにしかない、Pink Lilacの花から二酸化炭素抽出した、
特別なお客様もご招待したのだ。


Lilac_antianti.jpg


















また、新しいエンターテイナー、チュニジア生まれのTonka Beans君が便乗参加した。
ライラック妃の親戚なので、甘いピンク色をしていて可愛いよ。



こんな人を乗せてイタリアからエジプト、チュニジア   南インド 
香港経由で日本へ帰るハーモニー。



濃香な旅をお楽しみください。




まこと虫

P.S. 発売情報は追ってご連絡します。
※写真はイメージです。





トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Pink Ginger Lily香りの旅(調香師の香水手帖 )

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://antianti.com/mt/mt-tb.cgi/904

カレンダー

October2017

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

月別アーカイブ

Our Policy Statements 私たちのルール

USDA ORGANIC

「食品基準」のオーガニック認証をクリアした、“本物”のオーガニックコスメ
日本の化粧品メーカー初、USDA(米農務省)の認証を受けています。